2007年12月18日

パートのおばさん思い出話

2年ちょっと前まで働いていたところは、

徒歩5分で通える会社 というところだけが魅力の

(応募してしまった理由…あせあせ(飛び散る汗)



事務パート、週4日、9:30〜4:00で、

多忙時期は、1〜2時間の残業が2か月ぐらいあったりで、

何年、働いても、時給、870円 ずっと、変わらず〜

おまけに、会社に1日長〜くいる女子社員はいても、
パートのみ、男女2か所のトイレ掃除付 という

掃除業者なんか、たのまない(たのめない)会社だったから、

すんごく、パートのおばさん という身分を意識させられる会社だった…。がく〜(落胆した顔)



今、考えると、年齢的にも、今よりは、若かったので、

トイレ掃除までやらされるのでは、時給、安すぎ と思う…。ちっ(怒った顔)

仕事も、社員と全く同じで、おぼえなくてはいけない細か〜い事柄が、

たくさん、あったし・・・。どんっ(衝撃)

まあ、仕事って、時給にかかわらず、やってみないと、

どんな職場でも、わからないのは、仕方なかったけれど、

近かった〜から、とても、やめにくかったけれど、

3年弱で辞めた時は、ホントにうれしかったぁ…。exclamation×2



長く働いているパートの人たちは、50歳すぎていた人たちだった

から、もう年齢的にも他を探すのは…という感じで、

それはそれは、一生懸命に働いていました。


でも、その会社も、縮小移転で、引っ越してしまい、

今では、そこの建物の前を通ると、その後の入居がないまま、

空の状態です。










posted by はぐはぐ at 13:54| 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性の年金履歴で思うこと

ミセス生活になってから、しばらくは、結婚退職せず、共働き生活で、

死にそ〜な忙しさの生活を体験しました。ダッシュ(走り出すさま)

その後、扶養控除枠を考慮してのパート・アルバイト、

時には、また、扶養枠をはずして、派遣でフルタイムの仕事に復帰したり…。

で、また、数年前からは、もう少し、自分の趣味の時間も確保したいと、

扶養控除枠に戻した仕事生活を送ってきました。

その都度、社歩・国保手続きもメンドーでした。


今の年金騒動をみると、あまり、職場を変えずにおいた方が、

(独身時代も、何度か転職しているので・・・)


自分の過去の年金履歴を振り返るのに、混乱しなかったかも・・・

なんて、思いますね〜。あせあせ(飛び散る汗)










posted by はぐはぐ at 13:44| 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。